駐車場の経営と聞き、皆さんはどのようにイメージするでしょうか?

 

「難しそう」「大変そう」と感じている方はいますが、初心者でもとっつきやすい土地の活用法です。

 

このページでは駐車場経営のメリットとデメリット、失敗しないために重要なポイントを中心に説明しています。

 

これから駐車場を経営する予定の方は一度目を通しておいてください。

 

駐車場経営のメリットとデメリット

街中を見渡してみると、ありとあらゆる場所に駐車場があります。

 

月極駐車場やコインパーキングなどいくつかの種類がありますが、お金を支払って車をスペースに駐車できる点では一緒です。

 

この駐車場の経営は、リスクを抑えて始められる土地の活用法として注目を集めています。

 

まずは駐車場を経営するに当たり、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

 

  • 平面駐車場はマンションやアパートなど建物を建てる方法と比較して初期投資を抑えられる
  • 「時間貸し駐車場」「施設型駐車場」「月極駐車場」と自分が持っている土地に合わせてベストな経営から選べる
  • 簡単な清掃や敷地内での事故の対策を行うだけで、小さな労力で運営できる
  • 多くの設備を必要としないため、アパマン経営と比較すると撤退や転用がしやすい
  • 短期間だけでも駐車場を経営して土地を活用できる

 

マンションやアパートと比べて初期コストがあまりかからないため、駐車場の経営は初心者でも始められます。

 

不動産の専門知識を持っていなくても、事業者に依頼すれば手軽に運営が可能です。

 

しかし、駐車場の経営にはデメリットもありますので、事前にしっかりと押さえておきましょう。

 

  • 上方向に収益物を設置するアパマン経営とは違い、土地の運用効率は低い
  • 収益性が低く、1ヵ月間に何百万、何千万と利益を出すのは不可能
  • 「固定資産税は更地評価」「相続税評価も更地と一緒」「所得税の負担が大きい」など、税制上のメリットが少ない
  • 少子高齢化と人口減少で駐車場の需要が減少するリスクがある

 

駐車場の経営は誰でも始められますが、メリットとリスクの両方を踏まえておくべきです。

 

向き不向きはあるものの、「使っていない土地がある」「少ない初期投資で始めたい」「狭小地で建物を建設できない」という方は駐車場の経営を選択肢の一つに入れてみてください。

 

駐車場の経営を始めるための手順

駐車場の経営を始めるためには、運営会社に貸す方法と自分で運営する方法の2つから選ぶ形になります。

 

それぞれの大まかな手順をまとめていますので、どちらが合っているのか比べてみましょう。

 

運営会社に貸して駐車場を経営する

  1. 複数の駐車場運営事業者に声をかけて見積もりを取る
  2. 複数の経営プランが提案されるので、ベストなものを選ぶ
  3. 駐車場運営事業者から賃料が入金される

 

自分で駐車場を経営する

  1. 時間貸駐車場の設備機器メーカーに依頼する
  2. レイアウトや設備機器、予想収益の見積もりを取ってもらう
  3. 駐車場に必要な機器を設置してすぐに経営をスタートできる

 

駐車場運営会社に依頼する方法で、毎月一定額の賃料収入が入ってきます。

 

一方で自分で経営する場合、収入が毎日変動する点には気を付けないといけません。

 

その代わりに、駐車場運営会社に差し引かれる手数料がなくなるため、収益性は自営の方が上がりますよ。

 

駐車場の経営で失敗しないために重要なポイント

駐車場の経営をスタートしても、全てが順風満帆にいくわけではありません。

 

「やっぱりやめておけば良かった・・・」という方も多く、駐車場経営で失敗する理由をいくつか挙げてみました。

 

  • 「バス網が発達している」「供給過多になっている」など、駐車場ニーズの調査を怠っていた
  • 駐車場の料金設定が甘くて、他の業者の参入で顧客が流れてしまった
  • 駐車場の管理がずさんな事業者を選んでしまってトラブルが起こった

 

駐車場の経営が初心者でも始めやすいのは事実ですが、成功するためのコツやポイントを押さえておくのは大事です。

 

ここでは駐車場の経営で失敗しないために重要なポイントを説明していますので、是非一度参考にしてみてください。

 

月極駐車場にするのかコインパーキングにするのか考える

一口に駐車場の経営と言っても、月極駐車場とコインパーキングの2つの活用形態に大きくわけられます。

 

月極駐車場は1ヵ月単位で賃貸するのに対して、コインパーキングは時間単位で駐車場を貸し出すのが特徴です。

 

それぞれの駐車場でメリットが違いますので、きちんとチェックしておきましょう。

 

月極駐車場のメリット

  • 比較的どんな土地でも対応できる
  • 月単位で貸すので収支計画が立てやすい
  • 稼働率が良ければ安定した収入を得られる

 

コインパーキングのメリット

  • 稼働率次第では月極よりも高収入が狙える
  • 駐車場経営に関わる煩わしい手間を業者に任せられる

 

駐車場の経営で失敗しないためには、最初にどちらの形態を取り入れるのか考えるべきです。

 

自分で運営する場合は儲かるコツを把握する

駐車場やコインパーキングの経営は、当然のように利益を出す目的で行います。

 

そのため、自分で運営する場合は、あらかじめ儲かるコツを把握しておかないといけません。

 

具体的にどうすれば自分で駐車場を運営して儲けられるのかまとめてみました。

 

  • 半径500m程度の市場調査を行って駐車場の需要を調べる(競合の有無も忘れずにチェックする)
  • 相場からかけ離れないように駐車場の料金の単価を設定する
  • 「24時間いくら」「夜間はいくら」などの最大料金を決める
  • 料金の表示方法を工夫する(1時間1,200円ではなく10分200円と表示すると安く感じやすい)

 

他の駐車場と差別化を図るために単価を大幅に下げる方はいますが、ライバルの駐車場は共存する関係でもありますので、自ら価格競争を誘発させないのも大事なポイントです。

 

駐車場経営プラン一括比較サービスのタウンライフ土地活用を使う

駐車場の経営で失敗したくない人は、経営プランを一括比較できるサービスのタウンライフ土地活用を使いましょう。

 

タウンライフ土地活用は、土地活用部門で堂々の3冠を獲得している信頼のおけるサービスです。

 

以下では、タウンライフ土地活用の特徴や強みをまとめてみました。

 

  • お持ちの土地のエリアを選択してボタンを押すだけで駐車場経営のプラン作成の依頼ができる
  • 複数社に無料一括依頼して、どの経営プランが自分に合っているのか比較できる
  • 信頼と実績のある専門企業と提携している(悪徳業者に騙される心配はない)

 

あなたの土地に最適なオリジナルプランを提案してくれますので、駐車場の経営でお悩みの方はタウンライフ土地活用に相談してみてください。

 

タウンライフ土地活用の駐車場特集を見てみる >

 

まとめ

駐車場の経営のメリットやデメリット、失敗しないためのコツについておわかり頂けたのではないでしょうか。

 

「自分で運営する」「事業者に貸し出す」と駐車場の経営方法は一つではありませんが、土地を有効活用できる点では一緒です。

 

ローリスク・ローリターンの投資ができますので、土地の使い方で迷っている方は駐車場の経営を始めてみてください。